事例から学ぶ!未払い残業代の解決事例

事例
01

強引な退職勧奨を進めてきた会社に対し残業代を請求した事件で、未払い残業代約500万円を回収して解決した事例

担当弁護士:谷靖介

担当弁護士
谷 靖介

ご依頼者 T.Yさま
性別 男性
業種 飲食業
役職 なし
年齢 50歳代
受任年 2018年
解決年 2018年
解決方法 示談交渉
1日の平均残業時間 約6時間
回収金額 500万円

事例の概要

Aさんは、複数の飲食店舗を経営する会社に所属し、ある店舗の料理長を務めていました。所属社員数名の店舗のため、料理長という立場でしたが、食材の仕入れや開店準備のための仕込みや調理などを行い、日々、早朝から深夜までの長時間の深夜時間外労働を行っていました。
その後、会社側の経営判断で店舗が閉鎖となり、会社が強引な退職勧奨を進められたことをキッカケに、割増賃金(残業代)請求を考え、当事務所に相談にお越しになられました。

解決のポイント(弁護士の視点・解決アドバイス)

POINT1

勤務先に対する「割増賃金の請求をするタイミング」の検討が必要でした。
ご相談時点は退職直後のため「退職手続きに関する書類」の交付がなく、また「給料の未払い」もありました。そのため、割増賃金の請求を行った場合に、会社側がこれらの手続きに非協力的になる可能性があったため、請求タイミングについてAさんと連絡をとりつつ、適切な請求タイミングを検討しながら、残業代請求を行うことが必要でした。

POINT2

割増賃金を請求にあたって、管理監督者であると主張される可能性がありました。
法律上「管理監督者」である場合には、割増賃金などの支払いは不要とされています。Aさんは料理長という立場でしたが、出退勤の自由や人事の裁量などがなければ、「管理監督者」には当たりません。
そのため実際の勤務内容、状況などについてしっかりヒアリングをし、管理監督者にあたらないこと、「残業代」が発生するかどうかを検討する必要がありました。

POINT3

証拠収集をどのように進めるかを検討しました。
Aさんはタイムカードで出退勤を記録していました。しかし、他の社員が代わりにAさんのタイムカードの打刻をしていたため、Aさんの実際の労働時間がタイムカードに反映されていませんでした。
例えば、代わりに打刻をしていた社員の出退勤時間と料理長であるAさんの出退勤時間が違うことも多く、Aさんの実際の勤務状況とタイムカードにズレが生じていました。これら証拠の不十分性について、Aさんのご家族とのSNS(LINE)のやり取りなどの他の証拠で証拠を補う必要性が高いことを相談時にアドバイスさせていただきました。

交渉の経過(受任から交渉、解決までの概要)

経過1

「未払い残業代」の支払いを求める書面を作成し、内容証明郵便にて会社に対し行いました。

経過2

会社側に代理人として弁護士がつき、反論の書類が届きました。
勤務先からは、「料理長は管理監督者」にあたり、割増賃金の支払い義務はない、との主張がなされました。

経過3

これに対して、リーガルプラスから反論を行いました。
事実上、料理長であるAさんに出退勤の自由や人事の裁量権はなく、給与面でも管理監督者に相応しい金額が支払われていなかったことを、法律面から「管理監督者には当たらない」ことをしっかりと主張していきました。

経過4

管理監督者であるかどうかは、
(1)経営者から一定の権限を与えられている(経営者と一体的な立場で仕事をしている)
(2)勤務時間について厳格な制限がない
(3)その地位にふさわしい待遇がなされている

かどうかで判断されます。そのため、これらについて確認・検討する必要があります。
Aさんは、特に裁量権と呼べるものはなく、Aさんのスキルや経験を考慮すると飲食業界の賃金水準を考慮しても低い賃金であること等をもって反論を行いました。

当事務所が関わった結果(解決のポイント)

示談交渉で、受任から5カ月での解決となりました。
管理監督者に対する反論を、法的根拠に基づき行いました。
証拠が少ない中で、パターンを分け残業代計算をしっかり行いました。
相手方である勤務先からタイムカードを取り寄せし、残業代の計算を行いました。タイムカード自体、正確な出退勤の履歴がなされていないものでしたが、Aさんとご家族の方のメールの履歴(「LINE」)などを基に、計算を行いました。
勤務形態によっては、雇用契約時の内容と実情の勤務形態が異なっている場合があり、そのような場合には、複数パターンで残業代を計算し検討するなど、しっかりサポートさせて頂いております。
示談内容は、勤務先の経営状況の問題があり、未払い残業代を複数回に分けて支払うという示談内容でした。
分割払いがしっかりとなされない場合、弁護士による改めての訴訟、強制執行などの手続きもご相談いただくことができるので安心です。

依頼者様からのコメント

示談後に「お任せして、心から良かったと思っております」とのお言葉をいただくことができました。
相手方に弁護士がついたことで、法律に基づいた主張に対する反論をしっかりと行う必要性がありました。また、勤務状況を証明する証拠が少ない中で、2年分の残業代の計算を行わなければならず、今回のケースにおいては、個人の方では対応が難しい場面が多くあり、弁護士としてしっかりサポートさせていただけたのではないかと思います。
未払い残業代請求の適切な解決のため、会社と話を進めていく中で想定される「交渉上の問題点」「必要な証拠」「残業代の概算」など初期の段階で認識しておくことは大切です。ぜひ、お気軽に当事務所までご相談ください。

なにも知らずに諦めたり損することはありません。
無料相談で弁護士と話をしませんか。
お気軽にお問合せ・ご予約下さい。

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約