事例から学ぶ!未払い残業代の解決事例

事例
04

早朝や遅い時間に得意先周りが多く連日2〜4時間の残業が続くなか、残業代が給与に反映されなかったため退職後に残業代を請求。約3か月でスムーズに回収できた事案

担当弁護士:谷靖介

担当弁護士
谷 靖介

ご依頼者 M.Uさま
性別 男性
業種 卸売業
役職 なし
年齢 30歳代
受任年 2018年
解決年 2019年
解決方法 示談交渉
1日の平均残業時間 約2時間
回収金額 200万円

事例の概要

ご依頼者は、ある商材の中規模卸売会社の営業職でした。早朝や遅い時間に得意先周りなども多く、連日2~4時間の残業が続いていましたが、給与に全く残業代が反映されていませんでした。
また、長年残業代を支払っておらず、会社側の賃金体系が残業代支払いを想定していないものになっていました。

解決のポイント(弁護士の視点・解決アドバイス)

POINT

スムーズな回収ができた事案です。会社側は、退職した従業員が待遇や残業代不払いの不満が強いことについて、弁護士が残業代請求をするまで、気づきが弱かったようです。そこで、会社側の労務担当者と弁護士で複数回の面談を実施しました。会社のこれまでの労務管理体制に問題があること、社員が不満を抱えていることについて、ご依頼者に代わって弁護士が会社担当者にしっかりと伝え、未払い残業代の適正な支払いを求めたところ、会社側が支払い義務があることを認めました。
その結果、交渉によって請求額全額の支払いとなりました。

交渉の経過(受任から交渉、解決までの概要)

経過1

責任や業務負荷と給与が見合わないという気持ちが強い中、退職をきっかけとして、元勤務先への残業代請求をご依頼されました。

経過2

弁護士から会社宛に内容証明でタイムカード、就業規則、営業日報等の残業代計算に必要な資料提出を求めたところ、会社側は資料を提出。

経過3

ご依頼者の手元資料及び会社の提出資料によって、1分単位で残業時間を計算し、正確な残業代未払い額を計算することができました。
計算後、会社労務担当者と約1か月の交渉を経て、ご依頼から約3か月と比較的短期間で残業代の支払いを内容とする和解がまとまりました。

当事務所が関わった結果(解決のポイント)

会社の労務担当者が未払い残業代の解決に向けて協力的な姿勢であったため、スムーズな進行でした。残業代を請求された多くのケースでは、会社が請求者の残業時間を争ったり、残業代金額を下げようと画策するのですが、この事例では、会社側の担当者や役員がご依頼者の請求をきっかけに、労務体制を変えたい意向もあったようで、スムーズな回収に繋がりました。

弁護士が介入することで、本来支払われるべきであった残業代がスムーズに支払われ、ご依頼者にはとても満足いただけました。

依頼者様からのコメント

谷先生の説明の判り易さで依頼を決めました。一度の相談でスムーズに未払い残業代が回収でき、大変感謝しております。
本当に未払い残業代が回収できるのか?また、手間や時間が掛かるのではないか?高額な費用が必要なのでは?など色々考えましたが、今となっては依頼をしてよかったと考えています。
今後もたくさんの悩んでいる方の助けになってあげてください。

なにも知らずに諦めたり損することはありません。
無料相談で弁護士と話をしませんか。
お気軽にお問合せ・ご予約下さい。

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約