事例から学ぶ!未払い残業代の解決事例

事例
13

仕事の能力が低いことを理由に未払い残業代の支払いを拒む会社に対し、弁護士が交渉を行い約150万円で示談した事案

担当弁護士:今井浩統

担当弁護士
今井 浩統

ご依頼者 H.Rさま
性別 男性
業種 卸売業
役職 副班長
年齢 40歳代
受任年 2018年
解決年 2018年
解決方法 示談交渉
1日の平均残業時間 5時間
回収金額 150万円

事例の概要

依頼者はルートセールスを行っておりました。

業務の内容は、前日までに発注を受けた商品を、当日の朝トラックに積み込み、担当先の飲食店等に配達・集金に回り、帰社後は、売却した商品及び売上金の確認、トラック内の荷物等の片付け、翌日に配送荷物の確認等を行います。

別のドライバーの荷物の片付け等もしなくてはならないことから、およそ午前6時半頃に出勤し、退社するのは午後9時頃でした。

解決のポイント(弁護士の視点・解決アドバイス)

POINT

ドライバーの方については、労働時間を示す証拠がないことが多いのですが、本件では、タイムカードにより出退勤が管理されていたため、比較的問題なく残業時間を計算することができました。

交渉の経過(受任から交渉、解決までの概要)

私の方で残業代を計算したところ、未払い残業代は340万円ほどになりました。

出退勤時間については客観的な証拠があったため、元勤務先の代理人は休憩時間が長かったことを主張してきました。また、勤務時間が長時間に及んでいることは依頼者の仕事が遅かったことが原因であると主張してきました。

これらの主張には、全く裏付けがなく、訴訟になれば主張として認められない可能性が高いものではありましたが、訴訟による紛争の長期化を避けたいという依頼者の強い希望があったため、150万円で示談することとなりました。

当事務所が関わった結果(解決のポイント)

本件では、勤務時間が明確でしたので、訴訟になれば請求額に近い金額が認められた可能性がありました。

元勤務先の主張としては非常に多いのですが、労働時間が長いのは依頼者が仕事ができないためであるという主張を繰り返すため、依頼者としては、このような元勤務先とは付き合いたくないということで、訴訟を提起しない方向で合意をまとめることとなりました。

なにも知らずに諦めたり損することはありません。
無料相談で弁護士と話をしませんか。
お気軽にお問合せ・ご予約下さい。

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約