事例から学ぶ!未払い残業代の解決事例

事例
15

残業時間を裏付ける証拠がないなか、弁護士が相手方企業に裁判を前提として強気で業務日報等の開示を請求、開示された資料をもとに残業代を計算し、650万円で和解した事案

担当弁護士:谷靖介

担当弁護士
谷 靖介

ご依頼者 S.Eさま
性別 男性
業種 建物設備の保守
役職 なし
年齢 40歳代
受任年 2018年
解決年 2019年
解決方法 裁判
1日の平均残業時間 約5時間
回収金額 650万円

事例の概要

ご依頼者は、ビルやテナントの建物設備の保守点検を主要な事業とする会社に勤務し、毎日現場を回って、保守点検作業に従事していました。早朝に出勤し、作業場から保守に必要な部品を社用車に積み、ビルやテナントを巡回して、保守点検を行う仕事です。

会社の規模が小さく、作業現場も広域に広がっていたため、毎日早朝から深夜まで長時間拘束されていました。また、緊急呼び出しに備え、月に数日は会社に泊まり込んでいました。月の休日は僅か数日で、1ヵ月の早出残業休日出勤の合計時間は100時間を超えていました。

会社や作業場にはタイムカードが備えられておらず、毎日の労働時間を正確に記録する体制にはなっていませんでした。

裁判となりましたが、高額な和解金の獲得に成功しました。

解決のポイント(弁護士の視点・解決アドバイス)

POINT

ご依頼者はリーガルプラスへのご依頼前、残業代支払い交渉を別の法律事務所の弁護士に依頼されていました。前任の弁護士は、裁判を回避する姿勢が非常に強い様子で、会社が日報など労働時間を間接的に裏付ける資料(日々の作業報告書、泊り込みのシフト表など)を開示しないため、数十万円の和解で解決しようとしていました。

急ぎ裁判を提起し、裁判手続き内で会社にこれら資料の開示を求めたところ、元請けを巻き込むことを恐れたのか、会社側は資料を自主開示し、実態に添った労働時間の分析と未払い残業代の計算に成功、有利な裁判の流れとし、納得のいく和解金を支払ってもらうことで解決となりました。

交渉の経過(受任から交渉、解決までの概要)

数ヶ月の日報や作業報告書をベースに、2年分の残業時間/残業代の推測計算を行い、裁判資料として提出しました。

会社側は、ご依頼者が働いていない時間があったことや、休憩時間や手待ち時間などは労働時間に含まれないと反論しましたが、いずれも苦しい内容で、裁判官は会社側の主張を考慮する姿勢が乏しい状況でした。

会社側は裁判の流れが不利と悟ると、ご依頼者の勤務中の態度や協調欠如などを取り上げ、言いがかりと言えるような書面を裁判所に提出しましたが、裁判の流れを変えることはできませんでした。

1年弱の裁判手続きを経て、裁判官からは「早朝や夜遅くまでの残業の実態があり、長時間労働が認められる」、「かなりの残業時間について、残業代が不払いである」との判決の方向性(心証)が示され、和解協議が始まりました。

和解協議の当初、会社側は和解金の支払いを渋る姿勢がありましたが、会社としては、ご依頼者の労働時間について争える根拠も乏しく、また、仮に判決となれば、元請け会社への売掛金や営業車両の差し押えといった問題が噴出する可能性も考えられました。

和解協議を経て、会社側は裁判官の心証を前提とした、650万円全額を一括して支払うことで和解が成立しました。

当事務所が関わった結果(解決のポイント)

法律相談時、ご本人の手元には労働時間を裏付ける資料が全くありませんでした。手持ち証拠がないままでは交渉を進めることも困難と思いましたが、日々の保守管理作業を手書きで記載し、毎日会社に提出していた日報に、手書きで勤務日の労働時間をメモとして残していたとの説明がありました。

前任弁護士は日報等の任意提出を求めていましたが、会社は資料の開示を拒否し、全く協力する姿勢がありませんでした。

そのため、ご依頼者は前任弁護士から和解を受け入れるよう説明されましたが、納得することができず、リーガルプラスにご相談にいらっしゃいました。

お話を伺っていくと、すでに前任弁護士の交渉開始から5ヶ月近くが経過しており、残業代の一部が消滅時効で消えてしまう恐れがあったため、時効中断を考慮し急ぎ裁判を起こす必要があることもわかりました。

前任弁護士が弱気な代理活動をしていると考え、「交渉では適正な支払いが期待できないため、裁判を起こした方がよい」、「会社が日報など、自主的な資料提出に応じなければ、会社の元請け先から資料の開示を求める」と説明し、ご依頼をうけることになりました。

裁判手続きの中で強い姿勢で会社に資料開示を訴え、会社側は元請けが裁判に巻き込まれることを避けたかったのか、日報や作業報告書の開示に応じました。

開示された日報や作業報告書の資料をもとに、1日ずつ、実際の労働時間を分析し、ご依頼者との打ち合わせを経て実際の労働時間の解析を進め、労働時間が明らかになる部分を計算すると1ヶ月30万円以上の残業代が未払いであることが判明しました。

その後、裁判内での和解協議の結果、非常に高額の未払い残業代の回収に成功しました。

依頼者様からのコメント

毎日早朝から深夜まで長時間働き、1ヶ月に休みは数日しかありませんでした。ヘトヘトになりながら働いても会社は残業代を固定で数万円しか支払わず、強い怒りをもっていました。

リーガルプラスの前に依頼していた弁護士からは「交渉で会社が証拠を自主的に出してこない。証拠がないから数十万円で和解するしかない。」と説明されました。

その説明がおかしいと思い、インターネットで必死に弁護士を探し直し、リーガルプラスへ相談することにしました。

谷弁護士からは、裁判で日報などの資料を会社に提出させる方針と聞き、その可能性に賭けました。

裁判の中で、私がメモを残した日報や作業報告書、泊まり込みのシフトなどの資料が開示され、私の実際に働いていた勤務時間を可能な限り反映した労働時間の分析・計算を進めてもらえました。

また、谷弁護士は、会社からの不当な主張や私を貶める攻撃にも怯まず、しっかりと反論をしてくれました。

裁判官も私の長時間労働を認めてくださり、高額な和解金を会社から受け取れる結果となり、とても満足しています。

弁護士によってここまで結果が違うことになるとは、とても驚いています。弁護士選びに失敗せず、リーガルプラスに依頼をして、高額の残業代を受け取ることができ、本当によかったと思いました。

なにも知らずに諦めたり損することはありません。
無料相談で弁護士と話をしませんか。
お気軽にお問合せ・ご予約下さい。

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約