事例から学ぶ!未払い残業代の解決事例

事例
20

会社事務所から作業現場へ往復の移動が毎日発生しているにも関わらず、その時間が労働時間に含まれない点について弁護士が会社側と交渉、妥当な金額の提示を受けて解決した事案

担当弁護士:今井浩統

担当弁護士
今井 浩統

ご依頼者 K.Tさま 他2名
性別 男性
業種 現場作業員
役職 なし
年齢 50歳代
受任年 2019年
解決年 2020年
解決方法 示談交渉
1日の平均残業時間 5時間
回収金額 180万円

事例の概要

ご依頼者の3名の方は、会社にある重機を使って作業現場に向かい、そこでの作業が終わると再び重機に乗って会社に戻り、一日の業務が終了する流れでお仕事をしていました。

ところがこの会社では、作業現場における作業開始時刻と終了時刻を労働時間と考えており、移動時間等については一切の支払いをしておりませんでした。

解決のポイント(弁護士の視点・解決アドバイス)

POINT

出勤後の作業現場までの移動については、当然ながら労働時間に含まれます。本件では、出勤時刻と退勤時刻がいつであるのかが争点となりました。

交渉の経過(受任から交渉、解決までの概要)

ご依頼者は、毎日の現場、支給された手当の詳細を手帳に記録していましたので、当該記録から、作業現場までの移動時間を算出し、残業代を認定しました。

相手方は当初、残業の有無についても争っていましたが、この点は諦めて出退勤時刻を争点に交渉を進め、ともに訴訟は避けたい点で意見は一致していたこともあり、交渉にて解決を目指すこととしました。

当事務所が関わった結果(解決のポイント)

本件においては、ご依頼者の皆さんで訴訟でも争えるだけの資料を有していたことから、訴訟を提起し、更なる請求をすることも可能ではありました。徹底的に争う姿勢を示したご依頼者もおりましたが、多少低額であっても交渉で解決したいという考えで全員がまとまったため、訴訟を提起することなく解決となりました。

なにも知らずに諦めたり損することはありません。
無料相談で弁護士と話をしませんか。
お気軽にお問合せ・ご予約下さい。

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約