書式集

請求金額が未計算、資料を会社から取寄せする場合の通知書面

請求金額が未計算、資料を会社から取寄せする場合の通知書面になります。書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る書式の説明文入る

時間外、休日及び深夜労働の割増賃金請求に関する催告書

平成●●年●月●日

東京都港区●●●●
株式会社●●●●
代表取締役 ●●●● 殿

東京都中央区日本橋〇-〇-〇
通知人 ○○○○

私は、貴社に対して次の通り通知します。

  1. 私は、平成○○年○○月○○日から貴社に雇用され、平成○○年○○月○○日付で退職した者です。
  2. 私は、貴社において、これまで1日〇〇時間を超える時間外労働、休日労働、午後10時以降の深夜労働等を行ってきましたが、貴社は、これに対する適切な割増賃金を支払っておりません。
    よって、本書面をもって、貴社に対し、平成○○年○○月から平成○○年○○月分の貴社が通知人に対して未払いとなっているすべての賃金・割増賃金を請求(催告)します。
  3. また、貴社の私に対する正確な未払賃金額を把握するため、貴社の就業規則、給与規程、その他通知人との間の労働条件が明らかとなる雇用契約書等の資料、通知人の日報、通知人のタイムカードなどの写しを平成○○年○○月○○日までに私宛にご送付ください。
  4. 貴社が上記資料の提供について協力をされない場合、また、割増賃金をお支払いいただけない場合には、労働基準監督署への申告、労働審判の申立て、民事訴訟の提起等の法的措置をとることを検討しています。

以上

※本書面による残業代請求及び回収を保証するものではありません。

※本書面を使用したことによる、ご利用のお客様または第三者が被った損害やトラブルについて一切責任を負い兼ねます。

未払い残業代の基礎知識

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約