業種・職種からわかる未払い残業代

職業・職種による残業代請求の違い

会社が残業代を払ってくれない状況であれば、労働者であれば残業代は請求できます。
しかし、業種や職種によっては雇用形態が複雑で、残業代の実態を知ることがむずかしい場合もあります。残業代請求をするにあたって、注意したいポイントのある業種・職種をまとめました。

長時間労働が問題視されているトラック運転手や配送ドライバーから歩合制が多いタクシー運転手まで、運送・配送業の労働環境や残業代請求のポイントを解説しています。

詳しく見る

飲食業からコンビニ、アパレル販売、理美容業界などはサービス残業が常態化しがちです。サービス業・接客業の労働環境の特徴や残業代請求のポイントを解説しています。

詳しく見る

IT業界やWEB、クリエイティブ職はその専門性ゆえに特殊な賃金形態を採用しがちです。本当にその賃金制度は正しいのか、業界の労働環境や残業代請求のポイントを解説しています。

詳しく見る

現場作業員から現場監督まで、建設現場はサービス残業が常態化しています。建設・土木業の労働環境や残業代を請求する際のポイントについて解説します。

詳しく見る

営業職は外回りが多く特殊な賃金形態や成果報酬型の歩合制が採用されることが多いです。営業職の残業代の算定が正しいものなのか、残業代請求のポイントを解説しています。

詳しく見る

専門性が高く、緊急対応の多い医師はサービス残業が常態化しがちです。医師に多い残業代の誤解や残業代請求のポイントについて解説しています。

詳しく見る

専門性が高く、緊急対応の多い看護師はサービス残業が常態化しがちです。看護師に多い残業代の誤解や残業代請求のポイントについて解説しています。

詳しく見る

工場長や管理監督者などの名ばかり管理職が多く、残業代請求の可能性がある製造業。製造業にまつわる残業代の誤解や残業代発生のポイントについて解説しています。

詳しく見る

給与形態・雇用形態でわかる未払い残業代

「無料相談」で残業代請求の疑問・不安にお答えします。
「残業代が請求できるか知りたい」「回収できる残業代の金額を知りたい」「交渉が不安」など、
未払い残業代請求に関する疑問や不安について、法律の専門家である弁護士がお答えします。
0120-610-783
相談予約受付・お問い合わせ
365日 24時間 受付
メールでお問い合わせ
				年中無休・24時間受付
TOP
0120-610-783
お問合せ
TOP
365日24時間受付 お問合せ・無料相談のご予約